LH比 動脈硬化

LH比と動脈硬化の関係性と改善方法とは?

 LH比で何が分かるのか?

 

LH比を出すことで、今の自分が「動脈硬化」になりやすいのかどうか
数値的に判断できます!

 

 今まで曖昧だった、LDLコレステロール値やHDLコレステロール値だけでは
わかりにくかった、自分が今、置かれている病気に対する立場が、ある程度数値で判断できるようになります^^

 

トップページ下でも、私の数値を当てはめて説明していますが、
LH比を求めることで、今自分が置かれている病気に対する
立場が見えてきます。

 

ここで分かることは、、

 

動脈硬化になりやすい状態にあるかどうかということ・・。

 

1.5以下 正常値。
2.0以上 カラダに悪影響を及ぼすコレステロールの蓄積がみられ、動脈硬化予備軍。
2.5以上 既にドロドロ血などの可能性や、血管壁に詰まりが生じている可能性あり、動脈硬化から「心筋梗塞・脳梗塞」を発症する可能性が高い。

 

今現在の、自分のLDL、HDLコレステロール値で割り出した答えを
この表に当てはめるだけ。

 

計算式はLDL値÷HDL値=LH比

 

これで、今、自分が動脈硬化になりうる可能性が、数値的に見えてきます。

 

これにより、どうすれば動脈硬化を回避できるかが分かるんですよね。

 

今まではLDL(悪玉)コレステロールが多いから下げた方がいいですとか、、
HDL(善玉)を増やす事を考えましょうとか、意外と曖昧だったと思います。。

 

LDLを数値内に持っていけばいいの?

 

HDLを増やしたらいいの?

 

って感じだったと思うんです^^

 

でも、この数値から見ると、LDLが基準値以上でも、HDLが高ければ
LH比はそう高くありませんし、逆でもそうなりますよね。

 

あまりにも、「LDL、HDL」数値がかけ離れて高い場合は、
他の問題が指摘されますが「動脈硬化になりやすい」「なりにくい」のかは、
数値でわかるようになります。

 

私がこの計算式を知ったのは比較的最近で、、
テレビ番組内で扱っているのを観たからです。

 

それまでは、、

 

基準値を超えているLDL値を下げるにはどうしたらいいのか?
っていうのを本で調べたり、NETで調べたりして、いろいろ実践してました^^;

 

ちなみに私の現在のLDLコレステロール値は「129」。

 

基準値が「60-119」なんで、この程度なら全然大丈夫って思ってましたが・・
LH比でみてみると、「動脈硬化予備軍」に入っちゃってます。。

 

さらなる数値改善が必要ってことですよね^^;

 

このように、
今まで曖昧だった数値を可視化することによって、
励みと言うか、LDLとHDL値、どちらを増やしたり減らしたりしたら
いいのか?自分のやりやすい方法を取れるようになりますね。

 

「LDL、HDLのどちらかを増やすか減らすかすれば、
LH比は変わりますから。」

 

ダイエットと同じで、体脂肪率や体重が目に見えて下がると嬉しいもんです、
達成感もあるし数値は嘘をつきませんからね^^

 

私はLDLを減らす方法を選びました。

 

DHA/EPAサプリを飲みながら、
大豆類や海藻類も必ず摂るように心がけています。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

DHAサプリの必要性
LDLコレステロール値を減らしたり、HDLコレステロール値を増やすのにDHAサプリは必要?効果は期待できる?
魚の缶詰って効果ある?
DHAやEPAを摂取するために魚の缶詰でも効果ってあるんでしょうか?自らの体験談や口コミレビューを交えながら説明しています。